デイサービス御器所 名古屋の介護施設

 
 
 
 
 

デイサービスセンター御器所
〒466-0015
名古屋市昭和区御器所通
2-10 ブルーメンハウス1F
TEL:052-858-2381
FAX:052-858-2382

 

[ 管理用ログイン ]

 

デイサービス御器所 名古屋の介護施設 サービス内容 生活リハビリ

 

一人ひとりの「思い」に添えるような所に

ご利用者一人ひとりにはいろいろな生活があります。
体の状態、趣味、食べ物の好みなど様々です。
人と人とのやさしいかかわり合いを大切にしながら、ご利用者一人ひとりの「思い」にできるだけ添えるように、努めます。

生活

天気がよければ外に出て、悪ければおしゃべりをして、昼寝をする。
食事と排泄と入浴という生活のプログラムだけは、時間をかけてゆっくりと、それ以外はお年寄りがのんびりできる時間をつくります。

リハビリ

障害・寝たきり等で外出する機会がなくなったお年寄りを外に連れ出すことが既にリハビリ。ベッドから車椅子、身支度、送迎車に乗り、少なくとも3〜4時間イスに座り、他人と話をすることが刺激になり自然とリハビリを行います。

 

閉じこもり症候群の3つの面

閉じこもり症候群における閉じこもりには、ただ単に

デイサービス御器所 名古屋の介護施設決まった場所にしか行かなくなる
 ↓
家から出なくなる
 ↓
部屋から出なくなる
 ↓
布団から出なくなる

といった身体面での閉じこもりだけではありません。

決まった人としか話さない
 ↓
家の人としか話さない
 ↓
自分の殻にこもる

といった精神面や社会面の閉じこもりもあります。
閉じこもりを考える場合にはこの3つの面を考えることが重要です。

ケアの場面では
「身体面の活動範囲の拡大」
「精神面の活動範囲の拡大」
「社会面の活動範囲の拡大」

と3つの面それぞれ、またいずれかを改善する視点が大切です。
その1つの手段としてデイサービスを利用することにより、「寝たきり」「寝かせきり」を予防でき、閉じこもりをなくすことができると考えます。